野菜不足による肌への影響。私のおすすめの解決策

MENU

野菜不足が肌へ与える影響

私は慢性的な野菜不足でした。
一人暮らしでしたから、あまり無理をしてまで野菜を食べなかったんです。
実家にいると親が健康のことを考えて野菜を出してくれたので、いやでも食べました。
でも今は嫌なら食べなくていいやという感じになってしまっていて・・・。

 

生野菜を毎日食べるとなると結構お金もかかりますからね。
でも、野菜不足はお肌へも影響を与えるんですよ。

 

 

野菜不足による肌への影響

 

野菜不足は肌にも影響を与えるもの。
では、野菜のどんな栄養が不足するとどんな風に肌に影響を与えるのでしょうか。

 

ビタミン不足

 

ビタミンというのは、血液の流れや代謝にかかわってくるもの。
ビタミンには、細胞や血中コレステロールが酸化するのを防ぐはたらきがあります。

 

活性酸素という頑張り屋さんな酸素がいるんですよ。
その頑張り屋さんな酸素は、微量だと身体に良いはたらきをしてくれるんですが、数が多くなると頑張りが空回りして細胞を傷つけたりするんです。
仲間が多くてうれしくてつい・・・というやつですね。

 

細胞が酸化すると、肌にシミが現れます。
皮をむいたりんごをちょっと空気に触れさせると、ところどころ色が変わりますよね。
あれが人間の肌にも起こるのが、シミという現象。

 

さらに活性酸素は血中コレステロールを酸化させます。
コレステロールが酸化すると、血管の壁に張り付いて血液の流れを悪くするんです。
それによって細胞がうまく生まれ変わりにくくなったり、内臓のはたらきが鈍ります。
細胞が生まれ変わりにくいということは、肌が再生しにくいということ。
カサカサ肌や、長い間消えないニキビとシミはこれが原因です。

 

さらにニキビや吹き出物の原因となる便秘は、血液の流れが悪くなって胃腸のはたらきが鈍ることが原因。
ビタミンが不足すると便秘になりやすくなり、ニキビができやすくなります。

 

亜鉛不足

 

亜鉛というのは、人間の成長やからだづくりに欠かすことのできないミネラルです。
もちろん、野菜にも豊富に含まれています。
この亜鉛が不足すると、細胞分裂しにくくなるんです。

 

人間の細胞は、細胞分裂を繰り返すことによって新しい細胞をつくっています。
新しい細胞をつくるということは、肌もあたらしく生まれ変わるということ。
亜鉛は細胞をつくるときに必須の素材。
これが不足すると、細胞が生まれ変わりにくく、肌も生まれ変わりにくくなり、肌が厚くカサカサしたものになります。

 

 

これらを一気に解決する方法

 

私が実際に試してみて、「これいいな」と思った解決策を紹介します。
それはとてもカンタンで基本的なことです。

 

野菜が不足してるのだから青汁を飲めばいい

 

野菜が不足しているのだから、青汁を飲めばいいんです。
先ほど挙げた栄養というのは、主に緑黄色野菜に豊富に含まれているもの。
青汁は緑黄色野菜を使ってできているもの。

 

ということは、青汁を飲めば緑黄色野菜不足を補うことができ、肌への影響を解決できるというわけです。
毎食食べるべき生野菜を、青汁で置き換えてやりましょう。
そうすることで、野菜不足を解消できます。

 

青汁といっしょに

 

さらに、青汁と一緒に野菜料理を作ることもおすすめです。
緑黄色野菜だけでなく、淡色野菜といわれるものも大切ですからね。
たまねぎなどを使った料理を一皿でもつくっておくと、かなり違います。

 

青汁と一緒に健康的な食生活を心がけることによって、肌への影響を最小限に抑えましょう。

関連ページ

美容と便秘を一気に対策!カンタンに野菜不足を補う方法
青汁で野菜不足を補い方のためのサイト。自分の生活スタイルに適した青汁を見つけることができます。
美容のための野菜不足補助は青汁が最適
青汁で野菜不足を補い方のためのサイト。自分の生活スタイルに適した青汁を見つけることができます。
野菜嫌いの方のための美容方法
青汁で野菜不足を補い方のためのサイト。自分の生活スタイルに適した青汁を見つけることができます。
野菜不足解消が美容に超重要なワケ
青汁で野菜不足を補い方のためのサイト。自分の生活スタイルに適した青汁を見つけることができます。